「好いとこ取り」する海外活用

ベトナム進出支援

    1.海外でも日本人がシステム導入をご支援
  1.   近年、海外工場の建設に際して、「カントリーリスクの分散」が脚光を浴びており、ベトナムも魅力的なリスク分散先の一つとなっております。しかし、海外へ進出した際、「日本との重要な生命線となる情報システムの構築を、安心して現地企業に任せることができるのか」「費用と安心のバランスが取れた日系企業はあるのか」といった実務上の問題が発生いたします。
      アイ・ティ・シーグループでは、ベトナムの100%子会社を有することから、ベトナムにおいても現地駐在の日本人スタッフが現地でシステム導入をご支援。これまでのお客様の声を反映した業務系システムのパッケージを合わせてご提供することで、お客様の、海外での垂直的なコアビジネス立ち上げをご支援致します。
    2.ベトナムでのIT製品販売のお手伝い
  1.   製造拠点のみならず、販売市場としても熱い注目を浴びているベトナム。進出済みの日系企業をお客様とする事業、ベトナム企業をお客様とする事業、ASEAN域内自由化を見越したASEAN全域をお客様とする事業といった、いろいろなビジネスチャンスが眠っています。
      アイ・ティ・シーグループでは、北部ではハノイ市、中部ではダナン市、南部ではホーチミン市を中心に事業展開を行っていることから、ベトナム全域で活動しております。日本では当たり前のサービスでも、ベトナムではサービス・インされていないサービスもまだまだございますので、「自社製品を試験販売してみたい」という日本国内のお客様のご支援も致しております。
    3.自社海外拠点を活用したコストダウン
  1.   お客様にご負担いただくシステム開発費用を極力抑えるために、自社海外拠点を開設し「インハウス型オフショア開発」を実現させました。これは、海外の第三者へ業務委託するのではなく、海外の100%自社拠点を活用することで、中間マージン等のコストを削減し、開発費用を抑える手法の一つです。
      アイ・ティ・シーグループでは、日本政府機関の白書でもシステム開発に関する調査結果で第一位の高評価を得ているベトナムに100%子会社を開設することで、下流工程での単価を従来の1/3に抑えることに成功致しました。より良いシステムをより安く、皆様にご提供致します。
    4.現地拠点開設支援
  1.   実際にベトナムに進出するに当たり、工業団地の選定、各種ライセンスの申請、金銭処理、国際契約問題など行わなければならない業務は数多く発生します。また、いずれの業務においても必ずトラブルが発生し、立ち上げ業務と並行してトラブルシューティングも行わなければなりません。
      アイ・ティ・シーグループでは、これまで数多くの日系企業のお客様のトラブルを解決してきた、信頼できる現地企業とタイアップ。ITに限らず、日系企業の皆様が、ベトナム進出「後」であっても現地でワンストップでのサービスをご提供できる体制を整えております。